クラーク記念国際高等学校岡山キャンパス

在校生・保護者のかたへ
> 在校生・保護者のかたへ > 感染症対策について

感染症対策について

新型コロナウイルスに関連した感染症対策について

 平素から、本校の教育活動にご協力いただきましてありがとうございます。
さて、国内において新型コロナウイルスに感染した事例が相次いで報告されている中、今後は国内での感染をできる限り抑えることが重要となってきております。このため、ご家庭におかれましても、次の対応にご協力ください。
なお、新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化しておりますので、変更が生じる場合もありますことをご了承ください。
1 発熱等のかぜ症状がみられる場合の対応
家庭での健康観察(呼吸器症状の有無の確認、検温など)を行い、発熱等のかぜ症状がみられるときは、無理をせずに自宅で休養してください。
・自宅休養する場合は、必ず学校に電話連絡をしてください。
・再登校の前日には再登校の旨を学校に連絡してください。

         ただし、下記に該当する場合は、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
・風邪の症状や 37.5 度以上の発熱が 4 日以上続く場合
(解熱剤を飲み続けなければならない場合も同様)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
令和 2 年 2 月 18 日付 文部科学省事務連絡 抜粋
2 基本的な感染対策
引き続き、手洗いや咳エチケット、保護者による健康観察などをしっかり行ってください。

3 日常の健康管理

4 その他
生徒及びご家族が新型コロナウイルス感染症(疑いを含む)と言われた場合は早急に学校にご連絡ください。
新型コロナウイルス感染症は指定感染症となり、学校保健安全法に定める第一種感染症として、治癒するまで出席停止となります。